スピーキング道場(010)

1:一日を描写

2:写真描写

3:単語説明

4:サイトトランスレーション(イソップ物語)

1:一日起きてから寝るまでを英語で

日記を書くつもりで何時に起きて何をしたのかを

英語で描写してみよう。

昨日のことを描写してみるのもいいだろう。

2:写真描写

There’s a castle on a green hill top.


A hand is holding a red flower in front of orchard.

Orchard: 果樹園


A hand is placed on flower petals.

Petal: 花びら


There are a red castle and a clock tower.


Rushing water and rapids beside modern castle.

Rushing: 流れが急な

Rapids: 急流

3:単語説明

「大人: Adult」

Someone 18 years of age or older.


「前進: Advancement」

The act of moving ahead.


「副詞:Adverb」

A word that describes or modifies a verb or adjective and often ends in –ly.


「Kids Open Dictionary Builderより」

4:サイトトランスレーション(イソップ物語)

今日はイソップ物語を使ってスピーキング練習を行おう。

最初はサイトトランスレーションを行い、

その後で物語を語れるようになれるようになろう。


(英語)

A stag saw his shadow reflected in the water, and greatly admired the size of his horns, but felt angry with himself for having such weak feet.

While he was thus contemplating himself, a Lion appeared at the pool. The Stag betook himself to flight, and kept himself with ease at a safe distance from the Lion, until he entered a wood and became entangled with his horns.

The Lion quickly came up with him and caught him. When too late he thus reproached himself:

“Woe is me! How have I deceived myself!  These feet which would have saved me I despised, and I gloried in these antlers which have proved my destruction.”

What is most truly valuable is often underrated.

stag: 雄ジカ

admire: 称賛する

horn: つの

contemplate: 熟考する

betake oneself: 行く

flight: 飛躍、飛ぶこと

with ease: 簡単に

entangle: からませる

reproach: 非難する

woe: 問題、苦痛

deceive oneself: 誤解する

despise: 見下す

glory: 誇りとする

antler: 枝角

underrate: 過小評価する


雄ジカが水に映る影を見て、自分の角を称賛していました。しかし、か弱い足に腹を立てていました。

考えにふけっている間に、ライオンが水たまりに近づいてきました。雄ジカはジャンプして簡単にライオンと距離を取りました。しかし森に入ると角が引っかかってしまいました。

ライオンはすぐに追いついてシカを捕まえました。手遅れでしたが、シカは自分を非難しました。

「俺は馬鹿だ!誤解していた!嫌っていた足に助けられて、誇りに思っていた角によって破滅に追いやられてしまったんだ」

本当に価値があるものは過小評価されがちである。

終わりに

お疲れ様です。

明日もう一度今日のスピーキング練習を行おう。

次のスピーキング練習用(011)に進む

前のスピーキング練習用(009)をもう一度練習する