スピーキング道場(009)

1:一日を描写

2:写真描写

3:単語説明

4:サイトトランスレーション(ジョーク)

1:一日起きてから寝るまでを英語で

日記を書くつもりで

何時に起きて何をしたのかを英語で描写してみよう。

2:写真描写

A ceramic jug with fruit.


There are crepes filled with fresh fruit.


There are dry bare branches of orange tree weighing down with fruit.


There is a street with a fruit stand and a person in a facemask.


There are tangled branches of orange trees laden with fruit.

tangled: 絡んだ

laden with: ~でいっぱいの

3:単語説明

「依存者: Addict」

A person who has a physical of psychological dependence on a substance, such as drugs.


「住所: Address」

The location of a place.


「熟練者: Adept」

Someone who is very skilled at something.


「Kids Open Dictionary Builderより」

4:サイトトランスレーション(ジョーク)

今日はジョークを使ってスピーキング練習を行おう。

最初はサイトトランスレーションを行い、

その後でジョークを語れるようになれるようになろう。


BEER  おばかな親

The father of a school boy in New York City wrote to the boy’s teacher a letter of complaint. Anyhow, the letter was as follows:

“Sir: Will you please for the future give my boy some easier tasks to do at night? This is what he brought home to me three nights ago. If four gallons of beer will fill thirty-two pint bottles, how many pint and half bottles will nine gallons fill?

Well, we tried and could make nothing of it all, and my boy cried and said he wouldn’t go back to school without doing it. So, I had to go and buy a nine gallon’ keg of beer, which I could ill afford to do, and then we went and borrowed a lot of wine and brandy bottles, beside a few we had by us.

Well we emptied the keg into the bottles, and there was nineteen, and my boy put that down for an answer. I don’t know whether it is right or not, as we spilt some in doing it.

P.S.—Please let the next one be water as I am not able to buy any more beer.”


手紙

「先生、今後は夜に行う宿題はもう少し簡単なのにしてもらいませんか?こちらは3日前、息子が持って帰ってきた宿題です。

(もしも4ガロンのビールで3パイントのボトルを詰めることができるのならば、9ガロンでは、何パイントとボトルを詰めることができるでしょうか?)

やってみましたが、分かりませんでした。息子は泣きながら、終わらないと学校に行かないと言いました。ですから、私は9ガロンのビール樽を買いに行かなければなりませんでした。しかも高くて何とか買うことができました。それからたくさんのワインの瓶とブランディの瓶を借りました。何本かは持っていましたので。

それから、樽のビールをボトルに移しました。そして19本という答えを息子は書きました。こぼしたりもしたので、それが正しいのかも分かりません。

追伸:次はビールの代わりに水でお願いします。」

終わりに

「Got him!」

「Twin killing!」

ボクはメジャーリーグのハイライトを毎日英語でチェックしている。

自分のお気に入りのチームを2,3チーム見つけて、

それを毎日チェックするのだ。

英語は毎日少しずつするのが効果的だが、

メジャーリーグを英語でチェックすることでリスニングの練習にもなる。

ボクは野球英語を身につけたおかげで

メジャーリーグの解説者の言っていることがほとんど理解できるようになった。

自分の専門分野だという自信もあるし、

なによりも毎日の楽しみが増えた。

お風呂上りに、冷たい炭酸水を片手にメジャーリーグの英語放送をチェックする。

これが最近の小さな楽しみだ。

楽しみながら、英語の勉強になるし、専門分野を深めることができる。

まさに一石二鳥だ。

英語の専門分野を身につけているという自信にもつながるし、

人によっては翻訳とか通訳にもつながるかもしれない。

そんな野球英語講座をついに開講する時がきた。

生徒さんを期間限定、人数制限ありで募集している。

【野球英語講座】

URL

スペシャル企画として約100人の生徒さんに

僕からしか学ぶことができない秘密の授業を行ってもらう。

毎日英語の勉強を続けることができるように

メールの最初には

モチベアップの言葉も用意している。

野球に関する用語・単語・歴史・ルールなどをインプットとアウトプット、

更には

動画を使った実際のメジャーリーグ放送を使った解説も用意している。

今後は料金も値上げしていくことも考えているので

今回の料金で提供できるのはこれが最後かもしれない。

さらに今回の「野球英語講座」は初回一か月無料。

このチャンスを見逃さずにぜひ受講してもらえればいいなと思う。

【野球英語講座の詳細を見る】

次のスピーキング練習へ

お疲れ様です。

明日もう一度今日のスピーキング練習を行おう。

次のスピーキング練習用(010)に進む

前のスピーキング練習用(008)に戻る